佐藤純子

東京在中。

デパートでの婦人服販売、コーヒーショップの経営、スポーツライター、大手洋菓子メーカーでの販売員と30年間で2万人以上関わった接客や取材の経験から、感情の浮き沈みと個人的な思い込みが人への接し方や現場の人間関係に響き、売上げや結果に影響が出ることを強く痛感。

そんな中、カラーヒーリングを学ぶことで本来の自分の感情や特殊な思い込みに気付き、色により心の状態をマネージメントできるように。さらに周りの状況がよく見えることで最善の決断ができ、売上げや業績に大きく貢献。パートでありながら大手洋菓子メ

記事一覧(139)

共感しすぎるデメリット

私は今まで、実際体験した震災というのは、東日本大震災だけです。 被災、といっても東京でしたので、さほどの被害はありませんでした。大変だったのは、交通機関の乱れと、お米とトイレットペーパー不足くらいだったと記憶しています。 生活自体も、節電や節水など、できるだけの協力をしましたが、我が家は真冬に水道管が破損して一週間近く水に不自由した経験もありましたし真夏に冷蔵庫が壊れて、五日間ほど冷蔵庫のない生活をした経験もありその辺は「大変だった」という思いはありません。 ただ、その時思ったのがHSPの方は、そうは行かない、ということ。 相談に乗ると「疲れる」わたし 高野 優 (1万年堂ライフより) ↑ こんな経験がある方、いらっしゃいませんか? テレビに映る事件とか、事故とか見て、「怖くて飛行機に乗れない」「車なんて絶対運転しない」と思ったり「ご近所に変な人がいたらどうしよう」と、外に出れなくなったり。 このタイプの方は、震災のニュースを見るだけでも相当疲れてしまうと思います。 私の知り合いも、その時は鞄の中に必要なモノを全部詰め込んで持ち歩こうとしていましたが、その鞄を取られてしまったら、大変なことになる!という不安から外に出れなくなってしまいました。それなのに、ニュースを見ながら 「なんとかしなくちゃ!困っている人がいるんだから!」 と、ボランティアに行こうとしたり。でも、外に出るのが怖いから、そんな「なにもできない」自分を責めたり。 このタイプの方は、普段からなるべく暗いニュースとか、情報番組とかは見ない方がいいです。 今回は、台風や豪雨(雷雨)などそんな異常な天候の変化もありました。こちらも違う意味でもつらい方、いらっしゃいますよね。 すべて空気でわかる? 高野 優 (1万年堂ライフより) 私は急激な気圧の変わり目はダメです。頭痛と吐き気を催します。昔からお天気病みするタイプだと自覚しております。 両方敏感な方は、心も身体もぼろぼろになってしまいますよね。 もしかしたら、ご家族の中にいらっしゃるかもしれません。 気にかけてみてくださいね!

人一倍敏感な人

占いやセッションをしていて思うこと。 私のところにいらっしゃる八割くらいの方は「人一倍敏感な人」です。最近ではHSP(Highly Sensitive Person)と呼んでいる方も多いですね。前に参加させていただいた「癒しフェア」でのお客様は、九割を越していたと思います。 ただ、その敏感さの度合いはまちまちで、その傾向が強くありつつも、お仕事に良い形で使うことができている方さほど傾向は強くないのに、意識しすぎて「私は人とは違う特別な人」となっている方出方としても様々です。 例えば、風邪にも、咳が出る程度のものから、高熱が出て肺炎を引き起こす重度なものまでありますし、その人によって出方や重症度の基準も変わってきます。「単なる咳だけじゃん」といっても、喘息を持っている方にとっては命に関わることもあります。 同じように「人一倍敏感な人」にも、ひと括りにはできない複雑さがあります。 ただ、その傾向がある、ということを知っておくと自分が選ぶ仕事や環境について、多少の選択はしやすくなるのではないかと思います。 自分がそうでなくても、家族、お子さま、職場の方、お友達の中にはもしかしたら、いらっしゃるかもしれません。最近では、「人一倍敏感な子」としてHSC(Highly Sensitive Child)の言葉も出てきています。  五人に一人、といわれている「人一倍敏感な人」のことぜひ、知っておいてください。 一万年堂ライフ さまのサイトにHSPやHSCについてのコラムがたくさんあります。 お勧めです!!

カラーヒーリング講座をお勧めする理由その②

前回、カラーヒーリングをお勧めする理由として『色で自分の感情を知る』というお話しをさせていただきましたが 今回は違う方向からのお話しをさせていただきます。 私がなぜ、占い師をしながらも、こちらのカラーヒーリングをお勧めするか。こちらもカラーヒーリングと占いでお話しいたしましたが私が「占いをすることが好き」ということを思い出させてくれたのがカラーヒーリングでした。この道を目指す切っ掛けを与えてくれたのがカラーヒーリングだったのです。 そして、私と一緒にカラーヒーリングを学んだ方々や先輩方みなさん、それぞれ自分の道を切り開いて大活躍なさっています。 本当に役立つこと。自分の生活に取り入れることができるものを学んでいる。私が「本物だ」 「本当に素晴らしいものだ」 と思うのがここです。 極端な言い方をすれば「この学びをしたら、この資格をとったら。必ずしもこの資格で稼がなければならない」そういうことではないのです。こんな言い方をしたら怒られるかもしれませんが、正直「資格」をとることより他に得ることの方が断然多いように思えます。 「自分の気持ちがわかる」当たり前のことのようで、今の世の中、誰かの常識であったり、すり込みであったり。誰かに見られてこうでありたい、とか。誰かの期待に答えたい、とか。そんな気持ちが先行して、なかなかできていない。 それに気付くことができるだけでも、どれだけ視界が開けるか。 「こうじゃないですか?」と、人に言われるのと「自分って、こうなんだ」と、自分で気付く これ、雲泥の差です。 私にとって、はじめてのカラーヒーリング講座はそのスタートであってその学びは今もずっと続いています。 一緒にこの学びを共有しませんか?

未来を決めるのは自分

さて、毎年お騒がせしておりますが。 この時期から私のTwitterは高校野球ネタで騒がしくなります。申し訳ありません(笑) 今日は東東京大会の決勝。あー、わくわくする! 高校野球って、九回の裏まで何が起るかわからないハラハラがあります。本当に「ここでか!」というドラマが起きる。歓喜あり、涙あり。 「青春」です。 占い師の私が言うのもなんですが 勝敗(未来)がわからないからこそ、面白いし、感動する。 わからないことって心配だったり、不安だったりするけど 全部わかっていたら全然面白くない。 そして、もう一つ。やるか、やらないかで悩んでいることがあったとしたら、たぶんそれは、今、一番やりたいことではないです。本当にやりたいことだったら、相談したり悩んだりする前に、既に「当たり前にやること」になっています。その為に、自分でどんどん動いています。 「それはうまくいかないかもしれませんね」そう言われて諦めることができることは、そのレベルの出来事です。選手になれないかもしれない、甲子園には行けないかもしれない。それで諦めてしまっている人は、キツイ練習も乗り越えられませんよね。 「好きな人が数人います。どの人が一番合っているでしょうか」多分、どの方とお付き合いしても同じだと思います。選んでる時点で「一番付き合いたい人」ではない。「サッカーか野球で悩んでいるんですけど、どうせプロにはなれないし」好きだったら、プロとか先のことを考えずにやってます。 自分が「本当はどうしたいか」を知るための一つのアイテムが「占い」なんだと思っています。 それをやることがゴールではなく、その人とお付き合いすることがゴールではない。全て、大きな流れの一部分であって、いろいろあっても乗り越えて進んでいくことができる方には、手相にもしっかりとした線が出ています。 上手く行くことも、上手く行かないこともひっくるめてその経験が人生の学びとして強い線になる。その方にとっては、全部がプラスなんですね。 その場の成功が人生の成功とは限らない。

癒しフェアで鑑定します♪

久しぶりにズーンと落ち込むことがありました。 はい。最近ルーンをひくと「ハガル」が出ていたヤツがこれですね。ええ、驚きません。想定内です。 でも、目の当たりにすると結構ショックで。顔に出るくらい凹みまして。 しかし。ここで終わらないのが私。徐々に「どうして勝手にそう決め付けるかなー」という怒りに変わり「見返してやろうじゃないか」という闘志に変わる。←かなり単純 そして今。「ああ、こういうことが起らないと本気にならない私がいるんだな」という悟り。 動く切っ掛けが「怒り」それを起爆剤にして動いているうちに、そういうのが気にならないくらい楽しくなっている。 怒りが原動力になっているという(笑) まあ、そういうところが人間らしくていいじゃない。と、自己完結(笑) そしてそして。このタイミングで、素敵なお話しが舞い込んで来ました。 この度、お声掛けいただきまして8月4日(土)の癒しフェアで鑑定させていただくこととなりました! 【幸せの扉 手相タロット占いアルーチェ】様のブース内にてお待ちしております。 大好きな占い師さん、鑑定士さんが大集合で、勝手に興奮している私がいます♪ 短い鑑定時間とはいえ、しっかり、キッチリ勤めさせていただきますのでどうぞ皆さん、私を探してください。そして、励ましてください(笑) ↓ ↓ 詳細はこちら ↓ ↓癒しフェア2018 in TOKIOhttp://a-advice.com/tokyo_2018/

必要な人に 必要な支援を 必要な分だけ

『必要な人に 必要な支援を 必要な分だけ』 災害が起きた時に、遠くにいる私たちは、真っ先に「何かできないか」と考えます。支援金や義援金を寄付したり、ボランティアに参加したり。そして、いろいろな情報を拡散します。 ところが、そこにタイムラグが発生したり、古い情報がいつまでも拡散されていたりと、現地と外とで大きなズレが生じていることも事実です。 そんな中で私が「画期的ですごい!」と思ったシステムが スマートサプライ です! Smat Supply(スマートサプライ)https://smart-supply.org/!/?lang=ja スマートサプライは、「本当に役立つのであれば、できることはしたい」と思っている方たちの気持ちに応える仕組みとなっています。支援の進捗状況や今何が必要か?を、グラフや写真で「見える化」してくださっているので、リアルタイムに情報を知ることができます。 (スマートサプライの説明はこちら↓)http://smart-survivor.org/?page_id=1127 代表理事の西條さんとは「いいチームを作りましょう」プロジェクトでご一緒させていただいたご縁がありまして、それが切っ掛けとなり、このシステムを知ることとなりました。それからは、被災地に支援をする時には必ずこのスマートサプライを利用します。実際に物資を自分で購入してお届け…ということをしなくてもAmazonギフトで相手方が欲しいと思っている商品を選んで送ることができます。 とても画期的で安心なシステムです。日々情報が動きますので、こまめにチェックしてみてください。 先日より、西日本豪雨災害に関して、スマートサプライが稼働しはじめました。既に活動中の支援団体の方、避難所など現地でお困りの方自身のリソースを提供したい自治体・企業・団体様スマートサプライを現地の支援に活用したいという方は、スマートサプライの概要をご確認の上、お問い合わせ、お申し込みしてみてください。

カラーヒーリング講座をお勧めする理由

頭が良い方で、真面目で。いままでわりと不自由なくやってこられた方。多分、周りから見ても「あの人は有能」と太鼓判を押されるような方。そういう方こそ、突然ハンマーで殴られたような衝撃的なことが起ったりします。 頭だけで考えて動いていると自分の感情に蓋をすることに慣れていて、それが当たり前になっていてストレスによって心と身体のバランスが崩れていることに気付かない。むしろ、「そんな自分はダメな弱い人だ」と叱咤激励する。 もちろん、現代社会&集団生活で生きていく上では、皆が自由気ままに、自分勝手にやっていたら大変なことになってしまいます。ただ、あまりにも感情をなかったことにして生きているとその反動がある日突然、内側から、外側から。大きな形で出てきてしまう。 その時、必ず皆さんおっしゃるのが「今までこんなに真面目に頑張ってきたのに、どうしてこうなるんだ!」そして、全てが終わったかのように落胆し、生きる希望を無くしたようになってしまう。 「違うんです。終わったんじゃなくて、スタートなんですよ。これから、あなたの人生が始まるのです」 私にとって、それを教えてくれたのが「色」だったのです。もしかしたら、人によっては音楽かもしれない。香りかもしれない。私の場合は色だったので、色推しです(笑) ただ、頭を使っている間はその色でさえ、自分の都合の良いように解釈するのですよね。 私も、今までずっと、自分のイメージカラーは「オレンジ」でした。「オレンジ」になりたい人だったのです。「オレンジ」と言っている自分が好きで、そうであるように演じていました。 無意識に色を選んでください。←これ、本当に難しいことです。 講座をしていても、最初は皆さん、自分に都合がいいように回答なさります。特に、色の勉強をしてきた方。色のことを頭で覚えているからです。 もっと色は自由なんですよね。あなたの心で感じる赤はそんなわかりやすい赤ではないかもしれない。他人が「あなたは○色ですねー」なんて、簡単に言えるもんじゃないと思っています。そんな風に頭で感じていたら、本当にもったいない。 あなたの記憶の中で心で感じている色の認識。それをまず、知ることが大事だと私は思っています。「自分が色に対して感じる癖がある」 それを知ることができたらその先入観を理解できたら。そこからが、本当の意味でそれぞれの色を楽しめるようになるのです。 色を使う仕事をしている方。セラピー的なものだけでなく、広告、映像、デザイン関係の方々に、特にお勧めです。 その為には、時間をかけて色と向き合うことが必要です。そういう時間を定期的につくる、ということです。 講座は、あくまでもその練習です。「あーっ!そういうことかーっ!」と、瞬間に頭で理解したとしても心に響くには時間がかかる人もいます。 バタフライをやったことがない人が、理屈や、やり方を教わっただけですぐプールで泳げるでしょうか?「はい。じゃ、明日から各自で泳いでくださいね」そう言われて、自分でも勝手に泳げる気分でいて。実際プールに入ってみたら、すぐに泳げなかった。うまく泳げなかった。 「なんだ、泳げないじゃん。嘘ばっかり」 そういうことではないですよね。 まず、プールに入って試してみなければいけない。何回も泳いでみて、筋肉をつけて。コツを掴まないといけない。練習して、練習して。当たり前のように泳げるようになって。 そこではじめて「自分のものになった」なのです。

講座の日時を空ける理由

大変、大変お待たせしました!! はじめてのカラーヒーリング講座やっと日程が決まりました。一日目 7月28日(土) 10:30~12:30二日目 8月18日(土) 10:30~12:30三日目 9月8日(土)  10:30~12:30四日目 9月22日(土) 10:30~12:30五日目 10月20日(土) 10:30~12:30↓↓ 講座料金など、詳細はこちらをごらんくださいませ ↓↓https://js-poli168.amebaownd.com/pages/1289123/page_201709202039 先着6名さまなので、お急ぎください!! 昨日、Twitter などで告知したところ。早速ご質問をいただきましたので、こちらでお知らせしておきますね。  Q.なぜ、二日間などにまとめてやらないのですか?  遠方に住んでいて交通費がかかる為、まとめてやっていただけると参加しやすいの  ですが。とても興味があるのに、残念です。 毎回、講座を企画する度にいただく質問です。 たしかに、単純に時間数だけを見れば昼休憩を挟んで二日間に詰めることも可能のように思われます。実際、そのような形でお伝えすることもできます。 ただ、私の場合。せっかく学んでいただくのですから、しっかりと実践できる形にしたいと思っております。その為には、自分の中に落とし込む時間が必要なのです。お伝えしたことを、家に持ち帰って実生活で意識していただき、次の講座で気付いたことを発表する。その情報を皆で共有して、更に次の課題に活かす。実は、そのように実生活で意識する「癖」をつけていただくことが、もっとも大事なのです。 もちろん。その為に、その後のフォローアップの機会も設けますがこの、講座内でその癖がつくようにしたい。それが私のやり方です。 とりあえず、一通りお伝えして、ワークをして。希望者には試験を受けてもらって、はい!おしまい!という形にはしておりません。 遠方の方は、参加しづらくて大変申し訳ないと思っております。ただ、ある程度人数が集まれば、私がそちらに行きますのでその時はお知らせください。